5月5日は「端午の節句」です。「子どもの日」として全国各地で様々なイベントが催されております。
こちら広島では、ゴールデンウィークの3〜5日には「フラワーフェスティバル」が開催され、5日は子どもの日ということもあり、子供たちによるパレードが平和大通りで盛大に催されます。 ご家族で子どもの日を楽しまれた夜には、ぜひ「菖蒲湯」に浸かられることをおすすめします。
なぜ菖蒲が端午の節句に使われるようになったかは諸説ありますが、菖蒲は尚武に通じると言うことで、江戸時代の武家社会の影響との説もあります。
また、菖蒲とよもぎが薬草になると中国から伝えられ、それを日本人が子供が病気にならないようにと健康を願ってお風呂に入れたのが始まりとも言われています。
今年の健康を祈って家族で「菖蒲湯」をお楽しみください。