7月7日は、七夕です。本来、七夕というのは棚を作って、そこで女性が 機を織るという日本古来の神事が中国で行われていた女性の手芸、機織などが上達することを祈る祭りと結びついたものです。
 その時に牽牛・織女の話も中国から伝わったようですが、それは奈良時代の話で「たなばた」という呼び方も棚と機からきていたということです。
 竹笹を飾ってそれに願い事を書いた短冊を吊るすという習慣は江戸時代からで、寺小屋で子供たちの手習いに役立つと考えられていたからのようです。
 今年も願い事を笹の葉にたくさん記して、夜空に祈りを捧げましょう。