9月9日の「重陽の節句」は「菊の節句」とも言われ、奈良時代貴族の間で菊は長寿を保つ効果があると信じられ、菊酒を飲み「菊花の宴」を行うのが習慣だったそうです。