もみじといえば広島県の県花です。広島では、山々をはじめ街路樹として、また民家の庭先などといたるところで見かけることができます。11月になりますと赤・黄・橙色と色付く様は見る人の心を秋色に染めてくれる気がします。
楓は古く蛙手(かえるで)とよばれ葉の形が蛙の手に似ていることから名づけられました。また、もみじともいいますがこれは秋に紅葉する木の中で楓類がきわだって美しいことから本来は木々が色ずくこと全般をいう「もみじ」の語が特に楓類をさすようになっていったといわれています。